スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功者と非常識

ビジネス書なんか読むと、「常識に囚われるな!」ってパターンが良くある。
ってことで、常識と非常識について考えてみた。

そもそも、なんで常識に囚われてはいけないかという理由だが、これは簡単。
常識ってのは多数派の発想であり、多数派と同じ土俵で成功する確率は低いってこと。
だから、その逆をとって非常識(少数派)な発想をしたほうが成功する確率が高いって理屈。

で、それを裏付ける方程式として「成功者=少数派=非常識」を採用したがる人がいるが、
成功者は本当に非常識なのか。

ビジネス上での成功ってことを言えば、
多くの人は「金・地位・名誉」なんかを連想するだろう。

で、疑問。

金も地位も名誉も、多数派から支持されなければ生まれないもの。
成功者=非常識であるならば、多数派が非常識な人間を支持し、
その支持によって成功者が生まれたことになる。

多数派に支持されないのが少数派であるはずなのに、
なぜか支持されて成功者になっている矛盾。
これを「非常識パラドックス」って名づけてみる。

つまり、非常識な思想や行為が、社会で成功する手段に成り得る。
なーんてのは単なる妄想なんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Naoki

Author:Naoki
31歳。某ネットショップの運営やってます。

ツイッターはこっち。
http://twitter.com/#!/NaokiGeneralist

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。