スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコって全廃しなきゃいけないほど面白いの?

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)
(2010/12/01)
若宮 健

商品詳細を見る


休日になると近所のパチンコ屋には車があふれかえる。
正月でもパチンコ屋に出入りする人は少なくない。

タイトルからも分かるように、本書はパチンコに対し批判的で、社会的に有害なものと位置づけている。
しかし、どちらかというと、パチンコが違法であり社会的にも有害であることを前提に
それを放置している日本社会(特に政治家やマスコミ)に対する警告といったほうが近い。

大抵の人はパチンコを一つの娯楽と捉え、自分自身の生活を破綻に追い込むことはない。
しかし、本書で紹介されるようなパチンコ依存症の人達が存在することも事実だ。

パチンコに限らず、娯楽というものは息抜きにもなれば、自分自身が破綻していくきっかけにもなる。
破綻していく人々を指差し、「心が弱いから」と言ってしまえば、それまでかもしれない。

しかし、娯楽を提供する側は、常に品質やサービスを向上するように努めている。
より楽しいもの、より高度なもの、より便利なものを我々に提供してくる。
特に日本ではその傾向が強いだろう。

それらを目の当たりにしたとき、我々はより強固な心の強さをもって
何もかもを自己責任のもとで自制していく必要が生じる。
果たして、それが健全な社会の姿といえるだろうか。

著者が主張するパチンコの全廃というのは、少し乱暴に思えるかもしれない。
しかし、底なし沼のように人間の欲を刺激し続ける"娯楽"というのも考えものだ。

娯楽を提供する側にとっては商売であり当事者である以上、自制を求めるのは難しいだろう。
そう考えると、著者が政治家やマスコミを第一に批判する理由は納得できる。
スポンサーサイト
プロフィール

Naoki

Author:Naoki
31歳。某ネットショップの運営やってます。

ツイッターはこっち。
http://twitter.com/#!/NaokiGeneralist

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。