スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二コンサート 東京の街が奏でる 第七夜に行ってきた

 2012年4月4日、東京オペラシティで開催された
小沢健二さんのコンサートに行ってきた。

奥さんと一緒に東京観光も兼ねての一泊二日。

コンサート会場となる東京オペラシティは
クラシック音楽が似合いそうな芸術的な建物だった。
(初台駅を降りたところが既にオペラシティだったのにはビックリ)

コンサートの冒頭に登場した原田郁子さんの
「格式の高い場所、緊張する場所」という言葉がぴったりの場所だった。


 会場に入り、軽食が食べられるような場所で
奥さんとドリンクを飲みながら開演までの時間を過ごした。

途中、同じ立ちテーブルに男性ファンがやってきた。
私は奥さんそっちのけで、その人と色々な話しをした。

その人の座席は正面の4列目(実質2列目)ということで非常に羨ましかった。
ちなみに私は3階席のステージほぼ真横。
(チケットに当選しただけでも、とても幸運なことだけど・・・)


 開演前の場内はみんなが楽しそうに話しをしているのが印象的だった。
3階席だと場内全体を見回すことができ、会場の雰囲気がダイレクトに伝わってくる。

気が付くと、会場にはメトロノームの音が静かに響いていた。
それでも場内の会話の声は止まなかった。

ちなみに、私は小沢健二さんのコンサート自体が初めてなので、
メトロノームの演出が定番なのかすら分からない。
(コンサート途中の「OKよ!」のジェスチャーにも戸惑ったw)

会場が盛り上がる中、私は静かにメトロノームの音を聞いていた。
ちょっとづつテンポや音量がズレていくような気がしたのは気のせいだろうか。
もしかしたら、複数のメトロノームのテンポを少しずつずらしていたのかもしれない。

メトロノームの音が激しくなってきたなと思った瞬間、
これまで盛り上がっていた会場は一瞬で静まり返り、
メトロノームの音だけが会場に響き渡った。

その瞬間、私は鳥肌が立った。
沈黙による一体感を感じた。

更に次の瞬間、会場の照明がすべて消えた。
驚きの声が響き渡る会場。

更に次の瞬間、『いちょう並木のセレナーデ』のオルゴールが流れはじめた。
実際に『LIFE』での収録の際に使われたオルゴールと同じもので生演奏していた。

暗闇の中で聞こえるオルゴール。
思わず、LIFEを聴いていた当時のことを思い出して、
ちょっと泣きそうになった。

その後、日替わりゲストが担当するプロローグの朗読。
第七夜は原田郁子さん。

そんな感じでコンサートは開演した。


 コンサートは朗読(モノローグ)と演奏の繰り返しが中心で
三時間半に渡るとても濃い内容だった。
(ホテルのチェックインを遅めにしておいて良かった・・・)

朗読パートは「笑いあり・示唆あり」といった内容。
演奏パートは『LIFE』の頃の曲を中心に、ジーンとしたり盛り上がったり。
みんなで立ったり座ったり。

朗読パートで、個人的に気に入ったエピソードは『休業宣言』『小走り』『Believe』。


 といった感じのコンサートでした。
ん~、あんまり伝わらない?

私としては、「久しぶり!最近どう?僕はこんな感じだった!」と
小沢健二さんが語りかけてくるような内容に感じました。

良い思い出になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

最近ハマっているツイッターの紹介をしようかと。

最近ハマっているツイッターの紹介をしようかと。

ツイッターは「今」を共有する、とっても面白いツールです。

僕はツイッターをこんな風に使って楽しんでいます。


1.有名人をフォローする

自分の好きな芸能人や作家などなど、思いつくままにフォローしていきます。

もちろん、フォローした人達の情報はリアルタイムで流れてきますが、
なんといっても、ツイッターでは気軽に返信をくれる有名人も多くいるため、
好きな有名人とメール感覚でお話しができる可能性が高いです。


2.災害情報をいち早く確認する

例えば、外出中のときに消防車のサイレンが鳴ったらどうでしょう。
もし家の近所だったりしたら、「もしかして自分の家かも」と思う人も多いはず。

そんなとき、各都道府県(の全てにあるかは不明ですが)の災害速報アカウントをフォローしていれば、
サイレンに気づいたときには、既にツイッター上で「○○町付近で火災」なんていった具合に
情報が流れていたりします。


3.思わぬところから思わぬ情報が飛んでくる

ツイッターでは、有無をいわさず新しい情報からトップに表示されていきます。

なので、全く意識していなかった有益な情報がいきなりトップに表示されることもよくあります。
たとえば、ファミレスの割引キャンペーンの情報であったりだとか。

これらはフォローしている誰かが拡散した情報である場合がほとんどですが、
大抵フォローする人ってのは趣味が近かったり、同じ都道府県だったりするもんなので、
拡散してくれる情報ってのは、自分も興味がある情報だったりする可能性が高いのです。


他にも色々な使い方をされている人がいますが、僕は大体こんな感じです。
ツイッター、面白いですよ。

テーマ : Twitter
ジャンル : コンピュータ

科学的根拠がないものを信じないということ。

世の中には、オカルトやら占いやらが氾濫しているが、
私は科学的根拠がないものは信じない主義だ。


例えば、キリスト教という宗教がある。

結論から言えば、神なんてのは存在しないのである。
人間が処女から生まれることなどあり得ない。
これだけで、キリスト教がインチキだと子供でも分かる。

神の存在を信じてるのは、心が弱くて一人で生きていけない人達なのである。
だから、存在するはずもない神に救いを求めて、現実逃避しているのだ。

また、天国も同様に存在しないのである。
人が死んだら何も残らないのだ。
大切な人が亡くなった事を認めたくない人々の心が、天国を創造したのだ。

私は、神の存在を信じること自体を否定しているわけではない。
信じることによって救われる人がいるのも事実であるからだ。


そして、「ももたろう」という物語もある。

結論から言えば、桃太郎なんてのは存在しないのである。
人間が桃から生まれることなどあり得ない。
これだけで、「ももたろう」がインチキだと子供でも分かる。

桃太郎の存在を信じてるのは、心が弱くて一人で生きていけない人達なのである。
だから、存在しない桃太郎に救いを求めて、現実逃避しているのだ。

また、鬼ヶ島も同様に存在しないのである。
村が襲われたら何も残らないのだ。
村が無くなった事を認めたくない人々の心が、鬼ヶ島を創造したのだ。

私は、桃太郎の存在を信じること自体を否定しているわけではない。
信じることによって救われる人がいるのも事実であるからだ。


つまり、日本人の宗教観は、絵本の意義すら認識できないのと同じレベルってことだ。
めでたしめでたし。

24時間ライブというビジネスモデル

この時代、アイデアを生み出すよりも、アイデアを実現する実行力が問われている。
・・・のは分かっていても、まぁアイデアを考えるのは面白いので、考えてみた。

USTREAMをはじめ、個人のライブ中継が普及してきたわけですが、
これを使ったビジネスモデルって何かあるかなーなんて思った次第で。
まぁ、ビジネスモデルって程でもないんですが。

一つ目・・・『24時間ライブ中継の米農家』

ライブ中継するのは農場で、田植えや稲刈りをまったりと鑑賞できるようにする。
で、昼休みになると農家のおっさんが「今日は雨だけんども、米には必要なことで・・・」とか解説をはじめる。
たまに「はぁ~♪それよいよい♪」なんて歌いだすのもあり。

で、動画はブラウザ上で再生されるわけですが、その横には「カゴに入れる」のボタンが。
農家の雰囲気を味わいながら、その農家で生産している米をネット通販で購入できるというわけです。
農家直通だからコストカットできるし、ライブ中継なんで「おぉっ!注文ありがとーごでーます!」とか言うかも。

二つ目・・・『ライブ中継のストリートミュージシャン』

ストリートミュージシャンって言っても、駅前でギター片手にやるレベルじゃなく、
世界中を回りながら、仲良くなった現地の人とのセッションをライブ中継します。

当然のごとく、動画の横には「応援する」のボタンが。
ライブ中継を見て好きな金額を視聴者に入れてもらいます。
金額によっては、抽選でプレゼントを贈ったり、そのときの音源を配布したりします。

以上の二つを思いついたわけですが、いずれも自分がいつかやってみたいだけって話しだったり。

でも、ライブ中継ってのはビジネスモデルになるかもしれませんよー。

何回やっても♪何回やっても♪英単語が覚えられない♪

あのー。
何回やっても絶対に覚えられない英単語って無いですか?

自分の記憶力の悪さに感動すら覚え、
折角なので、覚えられない英単語に共通する特徴を考えてみた。

1.単語が音読できない
 これができるかできないかは最重要。
 発音もきちんと記憶しないとすぐ忘れる。

2.単語の意味がピンとこない
 固有名詞とか動詞ってのはイメージがピンとくるわけですが、
 感情に関する単語とかって苦手だ~。

ん~・・・。
やっぱり、この二つが大きいなぁ。

ついでに、これを解決するような英単語習得ソフトのアイデアを考えてみる。

1.単語が音読できない
 これは単純に音声付にすればいい。

2.単語の意味がピンとこない・・・もっと言えば、感情に関わる単語が覚えられない
 萌えキャラに「お兄ちゃんったら!! もう、angerだよぉ~」とプンプンさせてみる。

おお、我ながらナイスアイデア!!
プロフィール

Naoki

Author:Naoki
31歳。某ネットショップの運営やってます。

ツイッターはこっち。
http://twitter.com/#!/NaokiGeneralist

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。